pr

糖鎖関連書籍

糖鎖栄養素.com

「糖鎖」の健康学 ―補完代替医療のトップランナー

img

出版社: ライブストーン

健康と長寿のカギは細胞の先端にあった。
細胞間の情報伝達を行う糖鎖と糖鎖栄養素とは何か。
生命科学の成果を健康と長寿に活かす21世紀補完代替医療(CAM)の最先端を紹介し、細胞レベルの健康法を解説する。

「糖鎖」の健康学

価格 1,470円(税込)

link

糖鎖のチカラ ―病気を防ぎ病気を治す

img

著者:安藤幸来  出版:四海書房

先進のアメリカで、そして日本でも…糖質栄養素による驚異の治療効果!
細胞間の情報交換をしっかりキープして自然治癒力を強化するガン治療の最終兵器!「糖鎖」が健康と長寿のカギを握っている。

人間を取り巻く健康環境と、健康を維持するために必要な栄養の問題を考えながら、そのカギを握る糖質栄養素-先端医療としての「糖鎖」について解説。
これからの医療のあり方、医療と心の関係についても述べる。

糖鎖のチカラ

価格 1,470円(税込)

link

いのちの鎖―糖鎖と糖質栄養素

いのちの鎖

スティーブ ニュージェント (著), Stephen Nugent (原著), 堺 晶子 (翻訳), ジョーンズ 由紀子 (翻訳)

過酷な食の現実=失われた栄養素!
これまでどうしても解けなかった健康というパズルを解く最後の暗号。
現代人が本当の健康を失ってから続いてきた果てしない彷徨がいま終わろうとしている!
健康を手にする最後の暗号・糖鎖と糖質栄養素。それは細胞間の情報伝達を正しく滞りなく行いながら生命再生のカギを握る無類の栄養素。
この本であなたの体に革命が起こる。

これまでどうしても解けなかった、健康というパズルを解く最後の暗号、糖鎖と糖質栄養素。
細胞間の情報伝達を正しく滞りなく行いながら生命再生のカギを握るこの栄養素について、重要なポイントをわかりやすくまとめる。

いのちの鎖

価格 1,365円(税込)

link

糖鎖と病気 (遺伝子医学MOOK)

img

編集:谷口 直之  出版社:メディカルドゥ

糖鎖の機能の喪失や低下、あるいは増強などがCDGはもとより、他の多くの病気の原因になる可能性がわかってきました。
糖鎖はタンパク質の翻訳後修飾でも最もその頻度が高く、その新たな機能が明らかになるにつれ、病気との関わりが次々と報告されています。
本書では、特にわが国における糖鎖の病気の発症原因としての関わりについて、第一線の研究者の方々に基礎・臨床両面からその最新の研究成果を御執筆いただいております。

糖鎖を付加する糖転移酵素の遺伝子の研究などから、糖鎖が関わる病気が次々と報告されている。
日本の研究者が報告した病気と糖鎖を中心に、基礎的な面および臨床的な面から糖鎖が関わる病気についてまとめる。

糖鎖と病気

価格 5,250円(税込)

link

糖鎖機能―第3の生命鎖

img

谷口 直之 (編集), 古川 鋼一 (編集), 鈴木 明身 (編集), 川嵜 敏祐 (編集), 木全 弘治 (編集)
出版社:共立出版

これまでに明らかになってきた糖鎖の機能と今後の研究の展開の可能性を解説する。『蛋白質核酸酵素』2003年6月号増刊「糖鎖機能」を改装。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
谷口 直之 /大阪大学大学院医学系研究科
川嵜 敏祐 /京都大学大学院薬学研究科
古川 鋼一 /名古屋大学大学院医学系研究科
木全 弘治 /愛知医科大学分子医科学研究所
鈴木 明身 /理化学研究所フロンティア研究システム

糖鎖機能

価格 5,670円(税込)

link

糖鎖生物学入門

img

Maureen E. Taylor (著), Kurt Drickamer (著), 西村 紳一郎 (翻訳), 門出 健次 (翻訳)
出版:化学同人

現在注目を浴びている糖鎖生物学を体系的に解説し、糖鎖の機能と構造を分子レベルで詳述した好著。
原著はオックスフォード大の講義のために書かれたもので,海外ではすでにこの分野の入門書の決定版として定着している。
また糖鎖生物学を専門とする人のみならず、研究の過程でタンパク質や脂質やその受容体に遭遇する研究者にとっても、有益な入門書となろう。
具体例としては哺乳類が多く用いられており、「ヒトの疾病におけるグリコシル化」にとくに焦点が当てられている。
前半部ではグリカンの化学的性質およびコンホメーションが、後半部ではグリコシル化の生物学的機能が取りあげられており、体系的に理解が深まるような構成となっている。

糖鎖生物学入門

価格 3,990円(税込)

link

ポストゲノム時代の糖鎖生物学がわかる

img

編集:谷口 直之 出版社:羊土社

豊富な図と用語解説で大好評の「わかる実験医学シリーズ」の最新刊。
ポストゲノム研究として注目される「糖鎖生物学」は、癌や再生、異種移植、生活習慣病、発生、分化、神経など多岐にわたっています。
専門外の方にも基礎から最新の研究まで容易にご理解いただける1冊となっております。

ポストゲノム時代の糖鎖生物学がわかる

価格 4,410円(税込)

link

糖鎖の科学入門

img

岩瀬 仁勇 (著), 木曽 真 (著), 山本 憲二 (著), 大西 正健 (著), 平林 義雄 (著)
出版社:培風館

本書は、糖鎖(糖質)の構造と機能や微生物との関係など身近な例を挙げ、その基礎および応用について述べている。
すなわち、いろいろな疾病や生体防御、神経伝達などに糖鎖がどのようにかかわっているか、また糖転移酵素を用いて人工的にどのように糖鎖を合成するかといった糖鎖工学的な面にいたるまで、糖鎖全般にわたって説明した糖鎖生物学の入門書である。

糖鎖の科学入門

価格 3,045円(税込)

link

未来を拓く糖鎖科学

img

編集:永井 克孝  出版社:金芳堂

140名を超える糖鎖研究者が、糖鎖構造解析技研究術や糖鎖合成技術研究の方法、糖鎖機能解析、日本の糖鎖研究インフラとリサーチリソースの現状など、各専門領域での成果を紹介、今後の展開をわかりやすく解説する。

未来を拓く糖鎖科学

価格 5,250円(税込)

link

A Gift Called Michelle

A Gift Called Michelle

糖鎖栄養素を飲むことにより、ダウン症の子に共通する特徴的な顔が普通の子供のようになりました。
知能も感情も豊かになったその様子が写真でご覧いただけます。
英文。

A Gift Called Michelle(洋書)

価格 3.50ドル


糖鎖関連書籍 TOPへ戻る▲








リンクサイトマップ
Copyrights(C)糖鎖栄養素.com, All Rights Reserved