現代医療について その4

糖鎖栄養素.com

ビタミン・ミネラルから糖鎖の時代へ

口に入るものは全て、法律上食品かクスリのどちらかに含まれますので、糖鎖栄養素は便宜的に健康補助食品に分類されてはいますが、ビタミンやミネラルなど、本来食事から摂るべき栄養素の不足分を補う健康補助食品とは、明らかに働きが異なります。
糖鎖栄養素は、もともと殆んど食べ物から摂ることは出来ません。
大半は体内で作られるものなのです。
それが環境の悪化などで出来なくなっています。

また、糖質といってもエネルギーの元となる炭水化物などとは異なり、細胞を形作る物質そのものです。
健康食品というとどうしても、すぐ効くかどうかを問題にしがちですが、本来すぐ効くのはクスリです。
その代わりクスリには副作用が許されています。
クスリには、リスクがあるのです。
それに対し食品には、副作用もリスクも許されません。
健康維持の為に、健康補助食品は確かに有効なものもありますが、無くても何とかなるものです。
それに対し空気中の酸素は、クスリでも食品でもありませんが、無くてはならない存在です。
糖鎖栄養素、すなわち8種類の糖質栄養素は、正に空気中の酸素と同様、無くてはならない存在といってもいいと思います。

ただ、人の身体は大変よく出来ていて、重要な栄養が補給されると、命にかかわる部分から先に補われて行きます。
ですから、人によっては全ての細胞がつながるには時間がかかります。
決して目先の結果を急がず、ゆっくり時間をかけて下さい。

サプリメント

今、世の中には健康補助食品といわれるものが、たくさん出回っていて、確かに良い結果も出しています。
体調が良くなったなどと言う体験談も、様々な製品から出されて居ます。
また同じ種類の製品が多くの会社から出されています。
ただ、たとえ原料が素晴らしいとしても、製品となったものに、その有効成分が含まれているかどうか、体内でどれほど吸収されるかなどを知ることはなかなか困難です。

それにしても、この高価な、数限りない製品の、いったいどれとどれを摂ればよいのでしょうか。
また、栄養価の高い食品にせよ、優れた健康食品にせよ、クスリにせよ体内でしっかり利用されてこそ意味があります。
その為には、細胞がつながっていなければなりません。
正に糖鎖しだいなのです。

糖鎖栄養素の重要性は、単なる体験結果ではなく、生化学的・医学的理論に基づいています。
また、もともと糖質の体内吸収率は抜群ですし、体内に吸収された単糖類は、一切他のものに変換されること無く、必要な部分に補われることが解っています。
ビタミン・ミネラルは野菜に栄養が少なくなったという理由で、いま盛んに様々な製品が出回っています。
現在の野菜(化学肥料・農薬等)に、栄養が昔のように豊富では無いことは事実です。

ビタミン・ミネラルのバランス

ビタミン・ミネラルはなんと言っても、バランスが重要です。
特別なものを単体で摂るのは、かえって逆効果になる場合が多いのです。
例えば食物繊維を摂りすぎると、それを消化する為にカルシウムを沢山使ってしまう、カルシウムを摂りすぎると体外に排出されますが、そのときに他の重要なビタミン・ミネラルを一緒に引っ張って行ってしまう、などです。
やはり、色々な種類の食品をとることでバランスを保つことが大切なのです。
それに、日本人の食生活もだいぶ変わってきて、肉食になった為、特にビタミン類は動物性タンパク質から充分に補えている、とも考えられています。
ビタミン・ミネラルの時代は20世紀と共に終わりを告げ、21世紀はまさに糖鎖の時代なのです。

健康食品と糖鎖栄養素の最大の違いは、健康食品は細胞の働きを助けるものであるのに対し、糖鎖栄養素は細胞が正常に働くために欠かせない部品である、と言う点です。
つまり、細胞が正常に働ける状態にあってはじめて、働きを助ける健康食品は意味があると言う事なのです。

ビタミン・ミネラルから糖鎖の時代へ TOPへ戻る▲








リンクサイトマップ
Copyrights(C)糖鎖栄養素.com, All Rights Reserved